お小遣い1万5000円の31歳男が頑張るブログです。めざせ月15,000円!
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年10月03日 (水) | 編集 |
タイトルのように、金利が安い今が買い時!といった広告を目にします。

確かに変動金利ならば、0.875%で住宅ローンを組める時代です。

35年ローンで月々の返済を考えると、家賃より安い!となる気持ちもわかります。

家賃払っても自分の物にならない!確かにそうです。

じゃあ今が買い時でしょ!

とは違うのですな。

そもそも、日本では固定資産税を払う必要があります。

本当の意味で、自分の物になるかと言われたら、微妙な気持ちです。

また、戸建の家では、10年単位で200万程の修繕費が必要です。

災害に備えて、火災保険のほかにも地震保険にも加入する必要もあるかもしれません。

まあ、これはいつの時代に買っても同じなのですが、今買うべきでないと思う一番の理由は。

物件価格が高いのです!

低金利の時は物件価格が高めの設定になりやすいのですな。

なぜならば、住宅ローンの月々返済額が低金利の場合は安く見せることができます。

逆にいうと、金利が0.875%の計算の月々支払額でないと購買意欲が湧かないくらい、物件価格が高いのです。

取引は需要と供給のバランスで価格が決まります。

人口が減少していく日本。単身者が増加傾向の日本。

ファミリー向けの住宅は、特にこの先需要が上がる見込みはないと思うのですな。

ならば、需要がなくなってから、好きな物件を選ぶとよい。

お金をいっぱい持ってる人は、自由に良い物件を買えば良いのです!

私のように、カツカツの生活をしている人は、安くなるまで待つのが良いと思いますぞ!

ニュータウン等、郊外の土地は、後10年後にはえげつない値下げが始まると思っております。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。