お小遣い1万5000円の31歳男が頑張るブログです。めざせ月15,000円!
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年08月14日 (火) | 編集 |
消費税の増税が決定しました!

野田総理は演説にて「これは、資金繰りで日々苦しんでいる中小企業の方にも、更なる負担をしいる性質を持つ税です!」とおっしゃりました。そのとおりですな。

国にお金がない。運営していくには増税が必要。理屈はわかります。消費税は税金の申告をしていない人にも、生活保護の受給者にも、資産家にも発生します。

消費に対して均等に負担を求める!ある意味では公平性の高いものです。しかし、所得の低い人ほど実質の負担は大きいという性質もあります。

消費税を上げるのは仕方ないとしても。

宗教法人の非課税!これがおかしいと思うのですな。

いや、だってお布施という名の利益をあげているわけでしょ?
利益に対して、税金を払うからこそ、国は成り立っており。特権階級を与える意味が私にはわかりません。
お盆の季節。坊さんに聞いたら1日で10件回っていると。そこでお経をあげて、お布施をもらう。これ立派な職業です。いわばサービス業です。

宗教をどうこう言うつもりはありません。憲法で信教の自由は認められています。人に迷惑を掛けない範囲で自由に活動を行えばよいのです。信者が増え、政党を作っても選挙で選ばれているのですから、問題はありません。

でも非課税いかんよね!中小企業で経営に苦しんでいる社長さんからは、お金を取り、宗教法人は非課税!お金はお金。宗教の優位が入る余地はないのでは?と思うのですな。

しかしマスコミは、宗教法人の非課税はおかしい!などは言いません。

まあ、しょせん私の思うことなので間違っているのかもしれませんが。

国民全体に公平な負担をしいるのが、政府の大きな役目の1つであると思いますぞ!

ポイント貯めて現金やギフト券に交換できるお得サイト|ドル箱

ライフメディアへ登録



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。